読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワールドワイド酒クズの海外酒場放浪記

ワールドワイド酒クズの海外酒場放浪記

世界最安!ミシュランで星を獲得したシンガポール屋台メシPART2「ポークヌードル」

シンガポール シンガポール料理

前回ミシュランで星を獲得した屋台メシ、チキンヌードルを食べてきたのですが 

www.hitomilk.com

 

このチキンヌードルがめちゃめちゃ美味しかったので、

今回は星を獲得したもうひとつのホーカー「Hill Street Tai Hwa Pork Noodl」で、ポークヌードルを食べてきました。 高まる期待!

続きを読む

セントーサ島のナイトショー「クレーンダンス」と「ウイングス・オブ・タイム」比較

シンガポール シンガポール-アート シンガポール-イベント

セントーサ島には有名なナイトショーが2つある。1つが無料で見ることができる「クレーンダンス」で、もう一つが有料の「ウィングス・オブ・タイム」。先日友人がシンガポールに来たので、初めて行ってみた。結論から言うと「ウィングス・オブ・タイム」すごい

続きを読む

シミとくすみにはIPLより美容鍼よりリプライセル様が効果的すぎたので比較レポ

日常 ライフハック シンガポール

日本の5倍のスピードで老けると話題の紫外線天国シンガポールに住んでいます。あまりの速度で肌が劣化するので美白対策ジプシーでした。しかし、最近飲み始めたリプライセル様が神すぎたので、IPL・美容鍼と美白効果を比較して紹介します。リプライセル様なしにシンガポールには住めない。日本にも住めない。

 

IPLフォトフェイシャル

まずIPLの効果について。

続きを読む

「成熟したねじまき鳥クロニクル」としての「騎士団長殺し」村上春樹<レビュー/ネタバレなし>

村上春樹の7年ぶりの長編小説「騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編」「騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編」。発売初日に無事GETして、早速読了しました。私はシンガポールに住んでいるのですが、海外でも発売初日に購入できるなんて21世紀はなんと素晴らしい世の中であろうか。

読み終わった感想としては、1994年に「ねじまき鳥クロニクル」に激しく心を揺さぶられた若かりし日々の私たちに、約20年経って心の震えはそのままに「大人の小説」として再翻訳してくれた感じがして、とても感激しました。7年ぶりの新作長編と聞いて、高まりまくってしまった期待を1ミリたりとも裏切らない。

 

主人公の「私」は開始16ページで中古のカローラ・ワゴンを購入し、18ページで人妻と肉体関係を結び、妻からは「理由は訊かないでくれる?」と突然離婚を通達され、ひとりで料理を作っていると電話がかかってくる。まさしく、やれやれだよ!!

そんなディテールに最初はニヤニヤしながら読んでいるんだけど、もう途中からそんな余裕がないくらいに世界に引きずり込まれる感じで一気に読み終えてしまった。

話の世界を構築している柱のようなものがねじまき鳥ととても似ているのだけれど、肉付けの部分が大人向け(というか、ねじまき鳥を読んでからそれなりに人生の駒を進め、年月の経った我々向け)になっているという印象でした。

 

ただちょっと違うかな、と思ったのは、

続きを読む

シンガポールビエンナーレ「An Atlas of Mirrors(鏡の地図)」感想と考察

シンガポール シンガポール-アート シンガポール-イベント シンガポール-サブカル

3年に1度の現代アートフェスティバル、シンガポール・ビエンナーレにやっと行けた。最高すぎた。久しぶりに感じた心の震えの余韻を今なお引きずっている。

続きを読む

ガイドブックに載っていないお店の絶品すぎるシンガポールグルメ「蟹ビーフン」がおいしすぎる

シンガポール シンガポール料理 シンガポール-屋台 シンガポール-ビール

シンガポールの蟹料理といえばチリクラブが有名ですが、同じ蟹を食べるなら絶対蟹ビーフン食べるべき!これを食べなかったらシンガポールに来た意味がない!間違いなくシンガポールグルメの頂点に君臨するおいしさ。

しかも、シンガポールの美食家の間で大人気のレストラン「メルベンシーフード」なのに、大行列に並ばずとも食べれる方法を発見したのでレポートします。

続きを読む

チャイナタウンにある激安マッサージ店に男女2人で行ったらいろいろ衝撃的だった@シンガポール

シンガポール

先日友人がシンガポールへ遊びに来てくれたので、観光案内をしました。歩き疲れた私たちはマッサージをすることに。ちょうどチャイナタウンにいたので、前から気になっていたピープルズ・パーク・コンプレックスのマッサージに入りました。

結論から言うとめちゃめちゃ気持ち良かったのでおすすめしたいのですが、なんかいろいろ衝撃的な体験でした。

続きを読む