読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワールドワイド酒クズの海外酒場放浪記

ワールドワイド酒クズの海外酒場放浪記

東京カレンダー的シンガポールラブストーリーなんか実際にあるのか【あるよ】

シンガポール 日常

シンガポール在住日本人の間でちょっと話題だった、東京カレンダーの「シンガポール・ラブストーリー」。もう読みましたか。

tokyo-calendar.jp

これ。男性が書いたんだろうなと感じさせられる、文章表現から感じられる若干の気持ち悪さと、読んでて恥ずかしくなるくらいの陳腐な展開なので特におすすめするわけでもなんでもないのですが。

まあそれでもシンガポール界隈の日本人には話題でした。(感想は概ね私と一致)

簡単に内容を説明すると、34歳の女性が一人旅でやってきたシンガポールでイケメン商社マンと出会い、これは恋に発展していくのかしら……?という話です。

 

いやそんな展開ないわwww陳腐な恋愛小説読みすぎなんじゃねーのwww

 

あるよ

 「突然の出会いは、まさかの”ホーカー”で!」

ホーカーとは、シンガポールの屋台街のこと。シンガポール料理はもちろん、世界各国の料理の屋台がひしめいている。シンガポールにはこのホーカーがたくさんあって、どこのホーカーもお昼時と夜は大混雑。

東京カレンダーでは「ラオ・パサ」という、マーライオンからほど近いオフィス街の真ん中にあるホーカーで主人公は出会っておりました。

「東南アジアの屋台街」と言われて想像するのって、ローカルの人が集まってて、衛生面大丈夫かな? って感じで、ちょっと汚くて、ハエがいて〜みたいな感じじゃないですか? 

「ラオ・パサ」は衝撃的に綺麗です。ホーカー体験テーマパークのようになっている。

https://d340eiag32bpum.cloudfront.net/img/post/spot/14/1361-xpTu5smu5Zdvab0Fgxac_lrg_re.jpg

(引用:tripnote)

私はここはあまり好きではなくて(屋台の割に値段が高いし、味は普通。そして超混んでる)リクエストがない限りは行かない。

日本からきた友達を連れていくのは昔からある「マックスウェル・フードセンター」という、チャイナタウンにある屋台街。

なぜならここはめちゃめちゃおいしい屋台だらけだから! ビールに合う!

www.hitomilk.com

 

 私の出会いは、このおしゃれでも何でもない中華色濃厚なフードセンターでした。

 

寝起きだったからビールが飲みたくて、地元の人に人気があるという水餃子をビールのアテに購入した。ところが、さっきまで席に余裕があったのにアテを買っている間に席が埋まってしまった。うろうろしていると老夫婦4人席のテーブルに空きがあって、仕方なくそこで相席をする。60代後半に見える欧米人らしき男性と目があったので、私はつい会釈をして彼の隣に座った。向こうは軽く微笑み、その仕草は日本人がコンプレックスを抱く欧米人そのものだった。英語で世間話をする彼らの隣で、私はガイドブックをパラパラと眺めながら熱い水餃子をアテに冷たいビールを飲む。水餃子はプリプリ、いやもっとプリンプリンしている感じで美味しい。

 

うん

ビールにすり替わっただけで急速に強まる下世話感(OvO)

 

そのあとこの老夫婦は去って行ったのですが、その後一人の男性が相席いいですか、と同じテーブルに座りました。

30代前半に見えるインド系の顔立ち。

しばらくお互いごはんを食べていましたが、突然男性が「観光ですか?」と話しかけてきました。

 

私は観光ではなくここに住んでいる。友人が遊びに来ているからどこを案内しようか迷っている、と話したら色々教えてくれて、会話が弾みました。彼はこの近くのオフィスで働いているシンガポリアンとのこと。

その後友人が合流。私たちはお酒を飲んでいたけれど、彼はお昼休みだったのでお酒は飲めず。形だけ乾杯をしてくれた彼は、ただニコニコしていました。

もう戻らなきゃと彼は言い、

「観光だったらおすすめの場所案内するから番号教えて」

とさらりと言ったのでした。

 

これは……

まさしく東京カレンダー!

シンガポールラブストーリーVol.1!

 

この後番号を交換し、

メッセージのやり取りがあり、

電話が来るようになって。

 

だけど気になる。昨日よりもずっと……

 

まさしく東京カレンダー!

シンガポールラブストーリーVol.1!

  

でも

ごめんなさい……

 

あなたのことがズゴックにしか見えなくて…… 

 

終了

 

 

まとめ

・シンガポールは本当に出会えた

・ホーカーは本当に出会えた

参考までにわたしの女子力は戦闘力たったの5、ゴミです

こんなわたしでもアクシデントがあるくらいだから婚活女子はシンガポールに来ればいいと思う

 

 

シンガポールラブストーリー的にイケメンから名刺をもらえたら即報告したいとおもいます。

まあでも日本人にナンパされるにはまず外見の圧倒的なレベル上げから始めねばなるまいがな……