読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワールドワイド酒クズの海外酒場放浪記

ワールドワイド酒クズの海外酒場放浪記

祝・ハリラヤ!ラマダン中のナイトマーケットでイスラム教徒を心から尊敬した

シンガポール-イベント シンガポール

 7月6日はハリラヤ・プアサ。ラマダン(断食)明けの祝日でシンガポールはお休みでした。

2016年のラマダン期間は6月6日〜7月5日。

期間中、マレー系の人たちがたくさん集まるエリアであるゲイランで夜な夜なナイトマーケットが開かれておりました。

 

そもそもラマダンとは

イスラムの暦であるヒジュラ暦の9月、最も神聖であるこの1ヶ月間において、日の出〜日没までの間飲食を断つことで信仰を深めるというもの。

飲食を全くしない過酷な月だと勝手に思っていたけれど、実際は日が沈んだあとに豪華な食事を食べる。子供たちも夜遅くまで起きている。

そしてラマダン明けの日がハリラヤ・プアサ。この日はラマダンが明けたことを祝い、礼拝が終わった後は親族や友人宅で開かれるパーティーに出席する。

 

ゲイランのナイトマーケットへ

ハリラヤを祝うために、人々はラマダンの期間中に開催されるナイトマーケットで服や調度品を新調し、お祝いの食べ物を買う。ショッピングセンターではハリラヤのセールも行われていて、完全にお祭りのテンション。

まずライトアップが幻想的!

「salam aidilfitri」の意味は、「祝・ハリラヤ 」といった感じ。

(salam=平和、aidilfitri=ハリラヤ)

 シンガポールって道路に同じアーチかけるの好きだと思う。

 

ナイトマーケットは大混雑!!!

規模が想像していたよりもかなり大きくて、食べ物から雑貨までありとあらゆる出店が並んでいる。

しかもBGMでアッパーなダンスミュージックがガンガンかかっていて、断食期間中って厳かに過ごしているものだと勝手に思い込んでいたわたしはカルチャーショックを受けた!!

 

中心部。イスラム教のシンボル、月と星。

この周りにはパフォーマーがいてダンスしていた。

テーブルウェアの出店が充実している。ハリラヤに備えるんだろうな〜

6ドルくらいで買えてかなり安いし、かわいい。

衣装も充実!3枚で100ドル。

アクセサリーがとにかく派手!3つ買うと1つ無料になる。店員さんにめちゃくちゃ勧められた。

ハリラヤに食べるお菓子の出店も充実!

クッキーを中心に、カラフルなケーキやドリンクも売っていて目に鮮やか。

おもしろいのが、絨毯屋さんが充実していること。

この暑い国で売れるのか……?

安くても300ドルで、結構いい値段だった。

にもかかわらず「すっごく安いから買いなよ!」と前のめりに店員さんが話しかけてくる。即決できないよ、、、、

でもクオリティはなかなか良くて素敵だった。MCのおじちゃんのトーク聞いてるとテンションで買いそうになる

女の子に大人気だったのがヘナ・タトゥー!どのお店も人だかりができていた。フィリピンでやったことがあるわたしはなんだか懐かしい気持ちに。

子供もタトゥーしてた。子供用のデザインがかわいい!

ハリラヤグッズが充実してるう〜と思いきや、

なんでもいいらしい

なぜボブ・マーリー……????

 stussy....…?? ザク……???

オール30ドルであった。偽物じゃないか

G−SHOCKまで売ってた。30ドル。

ニセモ……

 なんでも売ってるな〜と思ってたら車まで売ってた

 

大充実のフードストール

とにかく食べ物のストールが盛り上がっていて、長蛇の列ができていた。マレー系の料理を中心に、シンガポールで話題の人気店も出店している。

めちゃめちゃいいにおいが漂っているのだけれど、何を買うにも並ぶ。結構な時間並ぶ。一つの列に並ぶのが一苦労なくらい、混雑してる。

こちらがメインの、マレー系料理のストール。ずらっと食べ物が並んでいて、好きなものをオーダーできる仕組みになっているのだが、

全部揚げ物。ことごとく全部が揚げ物!!!!

世の中にこんなに揚げ物バリエーションあるんだなっていうくらい揚げ物。

もはや揚げ物バリエーションの豊富さに感動する。

というか、1日何も食べずにいて夜ガッツリ揚げ物食べるって……

体のラインが気になるアラサー女子としては恐怖である。

 

マーケットの向かい側には緑地がある。

ぬるい夜に涼しい風が心地よい最高の気候の中で

多種にわたる揚げ物や、ケバブなどの肉料理を片手にしてもなお

酒が飲めない。

酒がない!!

ビールをくれ!!!!今すぐにだ!!!

 

イスラム教は飲酒を禁じているため、当然ながらビールの出店はない。

こんなにビールにぴったりの気候とおつまみが揃っているにもかかわらずビールを飲まないでいられるイスラム教の方々には尊敬の念を禁じえない。心から。

 

なぜイスラム教では酒を禁じているのか

端的にいうと、酒は利益と害悪をもたらすが、害悪の方が大きいとされるからであり、また「酒は人間の間に敵意と憎悪をあおり、神を忘れさせ、礼拝を怠らせるサタンの業(5章92-93節)」であるとされる。

おっしゃるとおりである。

 

ただ、どうやらイスラム教において酒が禁じられているのは「現世において」であり、

「天国には酒の流れる川があり、悪酔いの心配もなく自由に飲酒することができるとされている」

らしい。

なにそれ最高かよ……!

天国行きたすぎるんですけれども!!!

 

 

とりあえず意志の弱いわたくしは帰ってビール飲んでしまいました。

 

 

イスラム教徒の方々は本当にすごい人たちだけど、

酒の川に溺れる天国を夢見て現世で禁酒するって考え、ちょっと好き。

 

 

わたしの神様はらも様です。

今夜、すベてのバーで (講談社文庫)

今夜、すベてのバーで (講談社文庫)

 

 あと、まんしゅう様ね。ここが2大神 

アル中ワンダーランド

アル中ワンダーランド

 

  この流れを汲んだら押さえずにはいられない失踪日記

失踪日記

失踪日記

 

 

 (なんでアル中の話をしているんだ……?)