読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワールドワイド酒クズの海外酒場放浪記

ワールドワイド酒クズの海外酒場放浪記

海外で暮らす1年前の自分に教えてあげたい、日本から持ってくるべき22の超便利アイテム【海外赴任準備リスト】

<2017年3月更新>

海外赴任の準備物リストを作りました。女性寄りです。

シンガポールに引っ越してから約1年。
1年前のわたしは、ネットや本を片手に海外生活の情報を集め、完璧な準備のもとシンガポールへやってきたーーーーつもりでしたが、実際生活してみると前情報とは微妙に違っていました……。

これから海外へ赴任される方や駐在される方、現地採用などで渡航準備中の方の参考になればと思い以下リストにまとめさせていただきます。

日本のものは難なく手に入るシンガポールでそれでもなお日本から持ってくるべきアイテムです。シンガポール以外の国へ海外赴任される方にも参考になれば幸いです。

ちなみに私はどんなに過酷な環境であろうと気にならず、その地に迎合して生きて行けるたくましいタイプです。笑 そんな私が必須だと思うくらいなので、海外赴任準備物リストにはぜひ加えてみてください!

リンクは全て海外でも使える商品で、わたしが実際に購入したストアのリンクを貼ってあります(Amazonのみ)。

随時更新中。

 

持ってきてよかったものー美容編

美容家電

美容家電は絶対に絶対に日本で買ってくるべきアイテムNo.1!

シンガポールでも買えますが、高いです。アマゾンで買ってきたほうが全然安い。この国は湿度が高い割に、室内のエアコンがきついので肌も髪もバキバキに乾燥します!
また紫外線も強いので、日本の5倍の速度で老けると言われています。実際本当に老ける。みるみるうちに老ける。 

ハダクリエ

使うと使わないとで全然違う。これ↓は海外でも使用可能。

 

ドライヤー ナノケア

ドライヤーは圧倒的にナノケア派なので、海外対応のものを買い直しました。1年使ってますが壊れてません。

追記:2年経過しましたが、まだ壊れていません〜!

 パナのスチーマー系は海外非対応でした。

 

アイロン、わたしはパナ派だけど、シンガポール在住の友達はヘアビューザー派だった

レプロナイザー 3D Plus

f:id:snack_hitomi:20170303100828j:plain

レプロナイザー 3D Plus

レプロナイザー 3D Plus

 

 毎日使うには重いなと思ったのですが、友人曰く3ヶ月で髪質が劇的に変わったらしい。水分量が圧倒的に違う感じがするそうな。美容師さんにも、まずは毎日絶対使うドライヤーを良いものにした方が結果が出やすいと言われた。

 

リュミエリーナ ヘアアイロン ヘアビューロン

シンガポールで通っているヘアサロンのスタッフさんに勧められて購入。シンガポールは買えないので帰国の際の購入を勧められました。

シンガポールは本当に髪がギシギシするので(水質+紫外線)、ヘアケアグッズはマストです。

ヘアビューロンは、髪が痛まない唯一のアイロン。使えば使うほど髪が綺麗になるそう。理論は何回読んでも不明だけどw、実際の使い心地全然違う。巻き終わった髪がつるりんとしてるし、他のアイロンと比べて痛み方が全然、全然違うー!!超不思議!!

こちらのリンクは私も購入した正規品です↓海外でもOK!

わたしはボブなので、26.5mmの方にすればよかったw

あと美容師さん曰く、わたしは髪が傷んでいるのでストレートアイロンを買った方が綺麗に見えるらしい。早く教えてほしかった。。。ショートやボブの人はストレートアイロンあれば軽く巻けるし十分らしい

リュミエリーナ ヘアビューロン ストレート

リュミエリーナ ヘアビューロン ストレート

 

 

 

化粧水

化粧水って日本文化なんです。ドラッグストアへ行っても日本のようにはあまり充実していません。これはフィリピンもそうだったな〜

医学的には化粧水にはさほど深い意味はないそうで(!)、乳液のみで問題はないと皮膚科のお医者さんに言われました。 

もちろん外資系ブランドは一通り買えますが、日本ブランドやプチプラ化粧水を愛用している人はまとめて買ってきたほうが良いです。  

アルビオン

慣れない海外の最初は肌が荒れがちなので、救世主はマストです。 

 また、乾燥の激しい国なので毎日使えるパックも重宝。まさかのシンガポールでも買えますが、値段は倍以上しちゃいます。  

lululun

毎日使う用として。10箱まとめ買いしてきた。

 

日焼け止め

やっぱり日本ブランドが焼けにくいし、肌ダメージもきつくない。海外のは乾燥するか、落ちにくすぎる。

アネッサ

アリーより焼けなかった!!!!海でも炎天下のスポーツでも!!

昔はアネッサ使うと肌がバリバリになったけど、改良が進んでて最新のはすごい。帰国の際に大量にまとめ買いしてます。 

 

余談ですが、シンガポールで初アトピー(汗が原因の一つのよう)になった際病院でおすすめされたユリアージュの子供向け日焼け止めが良くて、日常使いはこちらにしてます。とにかく刺激がない。かなりベタベタなのでティッシュオフ必須ですがその分乾燥もしなくていい感じ。

<2017年3月追記>

Aveneのほうがベタベタ感が少ないのに化粧下地としても優秀で良かったので乗り換えー!肌ダメージも今の所なし。シンガポールより日本で買う方が少し安い。

 

 

持ってきてよかったものー生活編 

iPad  

シンガポールには紀伊国屋があるので日本の書籍はほとんど手に入ります。雑誌から小説、マニアックな漫画まで。ただし値段は倍。ファッション雑誌はそれ以上します。

今回iPadを初めて買いましたが、電子書籍にもすぐ慣れたし、いつでも好きな時に日本の書籍が買えるしどこにでも持ち歩けるし最高すぎました。海外マストです。

 目薬

常備薬はもちろんですが、忘れてはいけないのが目薬。
そもそも種類が少なく、結局日本の高いのを買うはめになる。日本の目薬ほど清涼感があって充血が取れるものはない!

 

圧力鍋

売っていない!!!売っていると思いきや日本ブランドでめちゃめちゃ高い。多分シンガポリアンがあまり料理をしないからだと思う。シンガポールの高島屋とか行けば買えるけど超高い!

ティファール

これ使いやすい!圧力鍋初心者にもおすすめ。

軽量折りたたみ傘

シンガポールは頻繁に雨が降る割に、売ってる折りたたみ傘がすごく重い。日本の軽量折りたたみ傘は安くて最高だ。 軽くて安い傘といえばwaterfront

同様に日傘も日本製が質がよい。遮光率100%を選ぶこと!日差しが強すぎるので、日傘があると体感温度がかなり違う。毎日使うので、妥協せずに良いものを選んでください。

 歯ブラシ

海外の歯ブラシは大きい上に繊維が太い。私は日本の歯ブラシをまとめ買いしてきました。シンガポールの東急ハンズに行けば買えますが、3倍くらいの値段なので躊躇します。私はREACH派!

リーチ ホワイトニングコンパクト ふつう

リーチ ホワイトニングコンパクト ふつう

 

糸ようじや歯間ブラシは海外のブランドのものをシンガポールで買えます。 

持って来ればよかったものー生活編

旭化成ホームプロダクツ サランラップ  

ラップと一口に言っても、実は種類が幾つかあることをご存知ですか?

サランラップは「ポリ塩化ビニリデン製ラップ」で、密着性はさることながら「水分の保ちやすさ」と「酸素の通しにくさ」が他の素材と比較しても群を抜いて優秀なんです。それはつまり、食品の鮮度を長く保つことができるということ。100円ショップなどで売っているような安いラップは「ポリエチレン製ラップ」もしくは「ポリ塩化ビニル製ラップ」です。そして海外のラップもほとんど全部この素材。

これらでは食品の鮮度を保つことは難しく、冷蔵庫の匂いの元にもなってしまいます。

なぜ海外のラップは粗悪なのかというと、ラップを使うという文化よりも「ジップロックに入れる」という文化が主流だから、ラップ市場が活性化していないため。確かにやってみるとポイポイ入れるだけなのでめちゃ便利。だけどジップロックには匂いを閉じ込めるような性能はないので、匂いのあるものや、鮮度を保ちたいものには断然サランラップを使った方が良いです。これほんっとに全然違うので試してみてください。

伝わりますか?わたしのサランラップ愛。笑

そんなこんなでサランラップが売ってない!高島屋に行っても明治屋に行っても売ってない!たまに運が良ければ出会えるくらいです。しかも高い。

結局遊びに来てくれる友人に頼んで、我が家はサランラップ倉庫のごとく在庫を抱える運びとなりました。それぐらいサランラップ大事。おいしいものをいつまでもおいしく食べるために超大事!

サランラップ 22cm×50m 2本パック

サランラップ 22cm×50m 2本パック

 

 

ダニ対策グッズ

シンガポールは湿度が高いので、ベッドやソファにダニが発生しやすいんです。 それなのに、ダニ駆除グッズがほっっっとんど売っていない!!!
ゴキブリとかハエ、蚊の駆除剤は売ってるけどダニがない。
あっても、肌に触れるところで使うものなのに体に有害そうなものばかり。 SG東急ハンズでは買えますが、めちゃくちゃ高い。 友達にも頼みづらい。(「え、お前んちそんなにダニいるの…?」て余計な心配をかけてしまう)

おすすめはこの組み合わせです。1つでは足りず、全部合わせて使うとダニが一切出ません!  

ハッカ油
ハッカ油P 20ml

ハッカ油P 20ml

 
 ダニよけシート
アース製薬 ダニバリア ダニよけシート 2枚

アース製薬 ダニバリア ダニよけシート 2枚

 
ダニよけスプレー   
ダニクリン Wケア 250mL

ダニクリン Wケア 250mL

 
ダニクリン まるごと仕上げ剤(洗濯することで除菌効果を得るもの)
ダニクリン まるごと仕上げ剤 本体 500mL

ダニクリン まるごと仕上げ剤 本体 500mL

 

 これらはとにかく大量に買って船便で送ることをお勧めします。

 

シャワーヘッド

シンガポールの水質はフッ素が強くて、髪の毛がバキバキになります。また、男女ともに抜け毛も増えます。一気に老けます。こんなの聞いてない!

美容室でおすすめされたこちらを使用していますが、水のまろやかさが全然違う。絶対日本から買ってきた方が良いです!炭酸タブレットなしでもめちゃめちゃ効果がありますが、タブレット使うと美容室のトリートメントいらずの素晴らしい仕上がり。

シンガポールでも日系美容室で買えますが、3倍くらいの値段ですーごく高いので日本でまとめ買いが良いです。

美容師さんいわく、シンガポールのシャワーヘッドは日本と規格共通なコンドが多いそう。私もそのまま使って問題ありませんでした。もし型が合わなかった場合には、東急ハンズなどでコネクタ買えるので大丈夫。

 

タブレットはお風呂にも使えるこれ。同じ重炭酸タブレットでも、成分に硫酸が混じっているものがあったりするのですがこちらは大丈夫。値段もお手ごろ。 髪も体もツルッツルになるからもうやみつき〜!

 

冬服

 夏だからいらないや〜と思い切って置いてきてしまったのですが、海外旅行や冬の一時帰国で本当に困るので、コートから一式持って来ればよかったです。私は結局毎回買うはめに。

ちなみに冬服、シンガポールで一式買うこともできます。ZARAなどを活用すればリーズナブルなコーディネートも可能。

 

下着

 これも1年分くらいのまとめ買い必須

シンガポールには可愛い下着というものが一切売っていません。最近ヴィクトリアシークレットでブラの取り扱いが始まったくらい。高い。シンガポリアンの女の子にオススメの下着屋さん聞いたら「コットンオン」って言われた。いやいやいや・・・

友人は帰国時に10万円分くらい買うって言ってた。でもこれ激しく同意。

 ナイトブラとか絶対買えないから!!HEAVEN様はいないから!!

 

 

持って来ればよかったものー食べ物編

七味唐辛子

基本調味料は何も持ってこなくて大丈夫なのですが、唯一あげるなら七味唐辛子。探すの大変!高級スーパー行くとあるけど1000円くらいするので持ち込みをおすすめします。

乾燥わかめ

なぜか高い乾燥わかめ…。なぜなの。シンガポリアンはあまり使わないの。

それでも中国さんのは買えるけど、国産のを買ってくればよかった。

日本のウィスキー

ブランド化されているのでめちゃめちゃ高い。山崎、白州、響は持ち込んだ方が良いです。シンガポールで買うと白州は3万円〜!

ちなみに、シンガポールでは日本酒よりも焼酎が高価です。

持ってこなくてよかったもの

各種和風調味料

びっくりするぐらい全部買えた。しかもそんなに高くない。日本と同じ〜1.5倍くらい。かさばるし重いし準備するにも大変だった割にいらなかったなと。

みりん  
料理酒
白だし
めんつゆ
薄口醤油
ほんだし
昆布、煮干し
和からし、わさび、ゆずこしょう
鰹節

などなど…このあたりは一通りある。種類も安価なものから高級無添加系まで、日本ばりに選べる。

ちなみにラーメン、缶つまシリーズ、そばなどの乾麺類、オタフクソースからお好み焼き粉まで何でも買えます。大量に使うと思うもの以外は持ってこなくてよし。

保冷剤

「スーパーでもらえない、手に入らないから持ってきたほうがいい!」 というのをネットで見たのでがっつり買ってきたけど、シンガポールのダイソーにたくさんありました。保冷バッグもありました。重くて準備大変だったのにな…

 

 

***

 

とりあえず22個あげてみました。

忘備録的に随時更新していく予定です。

おすすめのアイテムがあれば是非教えてください!

 

追加

レイコップ

 今日、友人と会って話題になったこの子。

レイコップ、シンガポールに売っていない。ダイソンの布団クリーナーはあるけど高い。わたしがどうしても欲しい理由、それはダニ

ベッドやソファはダニが発生しやすい!

ダニグッズに加えて強力なレイコップ欲しい!

使っている友人宅ではダニが出ないとのことでした。