読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワールドワイド酒クズの海外酒場放浪記

ワールドワイド酒クズの海外酒場放浪記

チャイナタウンにある激安マッサージ店に男女2人で行ったらいろいろ衝撃的だった@シンガポール

先日友人がシンガポールへ遊びに来てくれたので、観光案内をしました。歩き疲れた私たちはマッサージをすることに。ちょうどチャイナタウンにいたので、前から気になっていたピープルズ・パーク・コンプレックスのマッサージに入りました。

結論から言うとめちゃめちゃ気持ち良かったのでおすすめしたいのですが、なんかいろいろ衝撃的な体験でした。

ZIN YEE FOOT REFLEXOLOGY AND BEAUTY CENTRE 

場所はMRTチャイナタウン駅にあるカオスな雑居ビルPEOPLE 'S PARK Complex(ピープルズ・パーク・コンプレックス)の3階です。
どうやら3階はマッサージのフロアのようで、いくつもお店が並んでいました。
ZIN YEE FOOT REFLEXOLOGY AND BEAUTY CENTRE とTeoChew Meng Reflexologyというところが2大マッサージ店のようです。

最初に声をかけてきたのがZIN YEE FOOT REFLEXOLOGYのお姉さんだったのでこちらへ。

めちゃ安い。目を疑う。シンガポール平均価格の半分だし、国内最安値なのではないかと。(ほぼ同じだけど、TeoChew Meng Reflexologyの方がわずかに安かった)

足と肩だけで良かったんだけど、全身マッサージにするとヘッドマッサージが付いてくるとのこと。友人は腰が痛いそうなので、2人で全身マッサージに挑戦することにしました。

店内はまあ汚くて狭い感じですが、特に気になるほどでもなく。

ペアルームあるよと案内されたものの、ベッドは全て1台ずつカーテンで区切られていました。いやこれペアじゃないじゃん。

変な布出てきた

勝手に指圧マッサージを想像していたのですが、「これに着替えてね」と渡されたのは、ハーフパンツと見たことのない布。羽織ものにしては丈が短いし、どう縛ったら良いかわからない謎の紐もついてる。友人に聞こうと思ったけど、声を聞くに隣のベッドはもうマッサージ始まってるぽい。

布の正体は乳だけ隠すやつでした。

乳だけ隠すやつ

個室で一人びんぼっちゃまみたいになる日本人女子。侘しさがすごい。

f:id:snack_hitomi:20170221184554j:plain

めっちゃ痛い

マッサージはオイルマッサージでした。しかもめっちゃ強めの。こんなに強いオイルマッサージされたことない。

でも超きもちいい!!!強めのマッサージが好きな人にはもれなくおすすめしたい!!

でも!
痛い!!
超痛いよ!!

ひたすら叫んでいたので、マッサージの人に笑われた。

肩甲骨周りのマッサージを入念にやってくれてそれが痛気持ちよくて最高よかった。叫んだけど。

びんぼっちゃま服は序盤から紐を解かれていたので、おっぱいほぼ全部出てた。あと、お尻もマッサージされるのでお尻もほぼ全部出てた。

\着る意味/

もう最初から裸でいいよ。。。変な布で辱めるのはやめてくれ。。。 

ヘッドマッサージの流れで顔もマッサージしてくれる。顔もオイルマッサージだったので、気持ちよかったけど化粧全部落ちた。すっぴんのびんぼっちゃまババアinシンガポール・・・誰得だよ。

ペアルームじゃなくて本当に良かった。

男女で違うっぽい

全部終わって「服恥ずかしかったねー///」と友人に話しかけたところ、「?」という顔。

なんと男性はオイルマッサージではない模様!

着替えもなく、服の上からの指圧マッサージだったらしい。なんでだよ!

そして、地獄の拷問のような痛さだったらしい。

私は痛い痛い騒げるくらいの余裕はあったが、彼は声も出ないほどに痛かったらしく、もはや彼の魂は完全にこの世から去っていた。

なぜ違うマッサージだったのかは謎。強いて言うなら、彼は腰をメインにやってほしいとオーダーしたから、、、?

ぜひ施術前に確認してみてください。あと、痛かったら我慢せずに痛いって言った方がよい。死ぬ。

シンガポール人は、マッサージは痛いくらいでないと効果がないと思っているそうです。

 

ただ、めっちゃすっきりしたし、顔のむくみも取れて一回り小顔になってたよ。また行きたい。

気心の知れた友人か、一人で行くことを全力で勧めます。

 

余談ですが以前、アラブストリートで男友達とふらりとマッサージ屋さんに入ったら、彼だけ卑猥なマッサージだったという事件がありました。どおりで個室にシャワーついてるなあと思ったんだよなあ。海外はいろんなことが起きるなあ(^▽^)

 

 普通に万人におすすめできるマッサージはこちら↓

www.hitomilk.com